横浜銀行カードローンの審査通らない理由

横浜銀行カードローンの審査通らない理由を知ろう

お金を借りる方法にも多くの種類がありますが、特に銀行は信頼性が高く金利も低いことで知られています。申し込み手続きには手間が掛かる、審査から融資までには時間が掛かるのではというイメージを持つ人もあるかもしれませんが、銀行カードローンなら早ければ即日にも融資を受けることができます。

 

多くの銀行はインターネットからの手続きに対応していますので、来店の手間がなくいつでも好きな時間に手続きができるのもメリットです。各銀行ではそれぞれ個性あるサービスが提供されており、融資限度額や金利は違いがあります。申し込みをする前はじっくりと比較して安心して利用できるサービスを選んでいきましょう。

 

横浜銀行カードローンも人気のサービスのひとつで、多くの人に利用されています。

 

こちらは神奈川・東京に在住・在勤の方に限定したサービスで借り入れ限度額は10万円〜1000万円と幅広く、金利も年1.9〜14.6パーセントと安心できるものとなっています。

 

来店不要でWEBで完結できるのも人気の理由です。横浜銀行の口座をすでにお持ちの方はスムーズな手続きができることはもちろん、口座を持っていない人も来店不要で申し込みが可能です。口座をお持ちの方なら来店不要で郵送物やファックスもなしで契約が行えます。
急いでいるときは、できるだけ早く審査結果を知りたいところですが、審査の結果は最短で即日に知ることができます。無事審査にクリアしたら利用手続きやカード発行手続きを行い、融資を利用できるようになります。
ローンカードが届くまでには時間が掛かるというイメージもありますが、希望の金額を口座に振り込んでもらうこともできますので、急いでお金が必要という人も安心です。
横浜銀行カードローンに申し込んで、無事に融資を受けられたという人もあれば、中には審査通らない人もいます。こちらの銀行で断られてしまった場合も別の業者であれば融資を受けられる可能性もありますが、まずは審査に落ちた理由を知っておくことも大切です。

 

全国に対応した銀行カードローンも多くなっていますが、横浜銀行カードローンは神奈川・東京に在住・在勤の方に限定したサービスですのでそれ以外の地域の人が申し込んでも融資を受けることはできません。

 

インターネットから手続きができるのはとても便利ですが、入力内容に間違いがあったり、記入漏れがある場合は審査を見送られてしまう可能性があります。急いでいる場合も焦らずに、もう一度申し込みフォームの内容を確認しておきましょう。

 

それから、カードローンには年齢制限もありますので、年齢が合っていない場合も利用することはできません。20歳未満の人は利用することができませんし、高齢の方も年齢制限内であるかを確認してみましょう。

 

カードローンを利用するためには、安定した収入があることも大切です。それゆえ、本人に全く収入がないという場合は融資を受けることはできません。パートやアルバイトの方でも安定した収入があれば申し込むことはできますが、あまりに収入が少ない場合や、収入が安定していない場合は審査を見送られてしまう可能性があります。

 

この他では、現在の借り入れ状況に問題があるということもあげられます。カードローンやキャッシングは複数社を利用している人も少なくありませんが、あまりに借入件数が多いとなると審査はより厳しく行われる傾向にあります。多くの業者から借り入れをしているという人は残高が少ない業者は完済して借り入れ件数を減らす、複数のローンをひとつにまとめるなどで借り入れ件数を減らす工夫もしておきたいところです。

 

借り入れ件数が少なくても、遅延や未払いがある場合は返済能力に問題があるとみなされますので、きちんと返済しておくことも大切です。つい忘れてしまいがちですが、携帯電話の支払いが滞っていることも審査通らない理由となりますので、こちらも支払いはきちんと行うようにしましょう。

 

現在は、特に借金していないという人も、過去に金銭トラブルがある場合は審査は厳しくなると言えます。過去に自己破産などの債務整理をしている人は、その情報が信用情報機関に登録されることになります。債務整理の経験があっても、ずっと融資を受けられないというわけではありませんが、こうした情報は5〜10年程度は残るとされています。それゆえ、信用情報に債務整理や未払いなどの情報がある間は、横浜銀行カードローンを利用するのは難しいと理解しておきましょう。

 

この他では、短期間に複数の業者に申し込みをすることも審査通らない理由となるので注意が必要です。急いでお金が必要なときは、つい焦ってしまいがちですが、短期間にあまりに多くの業者に申し込むといわゆる申し込みブラックとなり、数か月は融資を受けるのは難しくなると言われています。借り入れ希望額と収入が合っていないことも融資を見送られる原因となりますので、無理のない返済ができる金額を選びたいところです。