信用金庫カードローンの特徴と審査に通らない原因

審査通らない信用金庫カードローンの原因を検証してみよう

信用金庫カードローンは金利の低さが魅力的で、銀行ローンよりも低金利を設定しているところが少なくありません。多目的ローンの第一選択肢として検討する人が多いですが、審査通らないという話が聞かれています。信用金庫と言えば審査に通過しやすいイメージがあるかもしれませんが、消費者金融や銀行よりハードルが高いという話は多いです。確かに非営利の金融機関ではありますが、だからと言って返済能力のない人には融資してくれません。審査というのは申込者の返済能力を確かめるのが目的ですから、返済能力が不足していると判断された人には融資してくれないのです。

 

審査通らないと悩んでいる人は、信用情報に問題があるケースが少なくありません。信用情報機関に事故履歴が残ってしまうと、しばらくは借入ができなくなります。債務整理をしてから5年未満であれば、借入できない可能性が高いです。信用情報には債務整理の履歴のほかにも、長期延滞や申し込みブラックなどの情報も登録されています。ローンの延滞が2〜3ヶ月以上続いたり、短期間のうちに複数のローンに申し込みしたりした場合は注意してください。

 

収入は安定性が重視されますので、非正規雇用より正規雇用のほうが有利になります。年収の金額も関係しますが、金額に加えて安定性が考慮されるのです。借入希望額が大きくなるほど、返済能力は低下することになります。公務員は返済能力が高く評価されますが、希望額を大きくしすぎれば落ちるので注意してください。なるべく希望額を少なくすることが審査に通過するポイントになります。50万円より30万円のほうが有利なのは間違いありませんので、可能な限り少なく設定しましょう。

 

勤続年数が短すぎる人も信用金庫カードローンの審査通らないというケースが目立ちます。勤続年数は収入の安定性を図る上での指標となり、長ければ長いほど有利になるのです。3年以上の勤続があれば高評価されることが多いので、なるべく3年以上の勤続を目指してください。ただ希望額を抑えることにより、3年未満の勤続年数でも審査に通過できる可能性はあります。最終的に融資を決めるのは信用金庫になりますので、利用者は審査の結果を待つしかありません。少しでも有利な条件で申し込みしようと嘘をついてしまう人がいますが、これは信用金庫カードローンに落ちる原因になるので注意してください。

 

昔のカードローンは多少の嘘をついても、許容してくれることが多かったです。例えば年収250万円のところを、300万円だと申告しても融資してくれることが普通にありました。しかし現在は嘘に対してシビアになっていますので、ありのままの状態で申し込みをする必要があります。絶対に審査通らない信用金庫カードローンは存在せず、通過しやすいか通過しにくいかの問題です。最終的に決断を下すのは信用金庫ですが、申込者ができる対策もあります。それは希望額をなるべく少なくすること、そして嘘偽りのない情報で審査に申し込みすることです。

 

小手先のテクニックは通用しませんので、事実のみで勝負することが重要です。あとは口コミや体験談などをチェックし、審査に通りやすいと言われるローンを選ぶことがポイントになります。気になるローンがあったら仮診断を受けてみるのも手で、ここでの結果は一定の信頼性があります。仮診断と本審査の結果がすべて同じになるとは限りませんが、事前に仮診断にパスしておけば本審査にも通過しやすいと考えられるでしょう。他の金融機関から多くの借入がある場合は、新規でローン契約をするのが難しいかもしれません。信用金庫カードローンは総量規制の対象外ですが、際限なく借入できるわけではないのです。

 

年収の3分の1を超えた借入は法的に可能ですが、法律をクリアしているから信用金庫側が確実に融資するという保証はないです。年収の4分の1で申し込みしても、審査通らない人は通らないのです。誰もが確実に借りられるローンなど存在しないので、過度の期待はしないことが大切でしょう。借入できればラッキーと考えておくのが、審査に落ちたときのショックを軽減するポイントになります。注意したいのは審査通らないからと言って、立て続けに他の金庫に申し込みしてしまうケースです。申し込みブラックの状態になると、ますます借りることができなくなります。

 

信用金庫カードローンの審査を少しでも有利にするためには、普段からローンやクレジットカードの延滞をしないことがポイントです。カード類はたくさん持つと利用状況の把握が大変になるので、最低限の枚数に抑えておきましょう。ほとんど使用しないクレジットカードなどを所有している人は、解約したほうがいいかもしれません。カードローンに関しても複数から借入している人は、早めに一本化して借入先を減らすのがおすすめです。借入先は少なければ少ないほど、審査で有利になるのは間違いないのです。