モビットの審査に通らない理由と対策

モビットで審査通らない理由と対策

上限が800万円に設定されるカードローンのモビットは、用途が自由で幅広く計画的に使えるのがメリットです。アルバイトやパートでも審査を申し込めますし、正社員ではない派遣社員でも契約できる可能性があります。カードローンでお金を貸し付ける以上、当然ながら審査には返済能力の評価が存在しています。

 

申し込みをして審査通らない結果になったとしたら、この返済能力の部分に理由があると考えられます。返済能力はただ収入があれば良いというものではなく、収入に余裕があって毎月必ず返済できるか否かが問われます。この為、他に借り入れがあることが分かると、返済が難しいと判断される恐れが強まります。

 

また、継続的な返済能力も重要なポイントですから、勤続年数が十分で今後も働き続けられるか、そこも評価されることになるわけです。モビットとしては、少しでも多くの人達に利用してもらいたいと考えますが、返済が難しい場合は残念ながら審査通らない結果を結論に出します。例えば、頻繁に仕事を変えている人や、高齢で収入が限られる人などが当てはまります。申し込み資格には満20歳〜69歳という条件があるので、この年齢の範囲内の人なら契約のチャンスはあります。

 

しかし、安定した定期収入といった条件も存在しますから、ここを満たせるかがポイントになるでしょう。カードローンを提供する会社は、モビットに限らず、申し込み者の信用をチェックした上で、審査基準に照らし合わせて契約の可否を判断しています。信用は過去の借り入れからスコアリングされるので、収入に問題がなくてもこれまでの借り入れに気になる点があれば、やはり審査通らないことになります。

 

借り入れ経験のない人は、信用の積み重ねもないとしても、返済で問題を起こしたような履歴も存在しないです。つまり、信用に傷があるとはいえませんから、審査結果がOKで借り入れが実現するチャンスは十分に大きいです。初めてでも契約を結べない場合は、収入に関する項目の基準が満たせていないか、高額の借り入れを希望した可能性が高いと思われます。一度カードローンの審査結果がNGだと、再申し込みまでに6ヶ月の期間を要するので、短期間の内に何度も申し込むのは避けましょう。

 

特に、1ヶ月ほどの期間中に2社3社と申し込むのは、他社からしても気持ちの良いものではないです。これは他のカードローンも同様ですし、同時に並行して何社も申し込むのも御法度です。モビットで審査通らない結果になってしまったら、現状の問題点を見直して、再度挑戦する必要があります。
最低でも6ヶ月間は申し込みできないので、この間にどうするか考えることになります。対策の1つは希望額の減額で、あまり大きく借りないように申し込む方法です。少額なら貸しやすいですし、返済能力が極端に高くなくても、リスクは少ないと判断されます。

 

もう1つの対策は信用の積み重ねで、勤続年数が増えてから審査に再挑戦したり、他の借り入れの返済を済ませて再び申し込むことです。勤続年数は一定以上の期間が求められますから、まだ数ヶ月程度なら、もう少し長く働いてから申し込んでみましょう。一方、返済はモビットに限らず信用を認める重要な判断材料なので、コツコツと返済実績を積み重ねるのが効果的です。

 

他社の借り入れと返済も、審査時にチェックされる信用のスコアに反映されますから、現在の借り入れは先に返済し終えるのが理想的です。これなら新たな申し込みで審査通らない確率は下がりますし、より確実に契約できるチャンスが大きくなります。3社以上から借り入れているのであれば、返済を済ませて3社以下に減らしてから、改めて申し込んでみるのが良いです。カードローンなどの申し込みは、その履歴が6ヶ月ほど残りますし、他社に申し込んだ場合にも参照されます。

 

借り入れや返済に関する情報は5年と長期間記録されるので、何処でも借りられないようなら5年以上の経過が必要です。それ以外の情報についても、5年〜10年と長く残り続けますから、数年以内の借り入れで思い当たることがあるなら特に要注意です。契約や解約に関する情報も5年分は残るので、モビットで申し込みを行えば、他社での借り入れも丸わかりです。審査通らないのは、つまりいずれかの情報の内容に問題があって、契約を躊躇するような懸念が生じているのが理由です。信用は一朝一夕では積み重ねられませんし、ネガティブな評価についても、直ぐに懸念を消すのは難しいです。軽い信用のダメージなら、短い期間で契約できるようになりますが、ダメージが重くなるほど契約実現に必要な期間は長くなります。難度挑戦しても契約が拒否される場合は、こういった問題が生じている可能性があるので、信用情報が綺麗になるまで待ちましょう。ただ、余程信用を損ねる履歴がない限りは契約できる可能性の方が上回りますし、高確率で審査に通ってカードローンの利用が始められます。