みずほ銀行カードローンの審査に通らない理由

みずほカードローンで審査通らないと悩んだら原因をチェック

カードローンを利用したいのに、審査通らないと悩むことがあります。みずほカードローンは三大メガバンクの一つで最高水準の低金利であるため、とても人気が高いのですが、皆が審査に通過できるわけではありません。条件さえ満たしていれば初心者でも安心してお金を借りられる方法ですので、落ちやすい原因をチェックしてみましょう。

 

まず最初に確認したいのが利用条件であり、契約時の年齢は満20歳から満66歳未満となっています。安定かつ継続した収入の見込める人で、みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることのできる人が対象です。正社員でない人は雇用形態についても気になるところですが、雇用形態に関する記載はありませんので、非正規雇用であっても大丈夫です。銀行のカードローンでよくあるのが、その銀行の口座があることが条件になっているケースであり、みずほカードローンもまだ口座が無ければ申し込み時に開設する必要があります。申し込み時点で既に開設されていなければならないという条件ではありません。

 

これらの条件を考慮しつつ落ちやすい原因を探ってみると、安定かつ継続した収入のない人は通過しにくくなります。曖昧な表現ですので迷うところですが、一般的に安定した収入とは毎月1回以上の収入がある状態を指します。ただし、毎月1回以上の収入があっても、勤続年数ではじかれてしまうことがあり、極端に短い場合には借りられません。勤務年数が短いと、収入が安定していないとの考えからです。毎月きちんとお給料をもらっている場合には、歩合給や時給制でも問題はなく、不利にはなりません。特殊な仕事で収入を得るのが数か月に1度というケースでは、期間が空いてしまうために審査に通らない可能性が高いです。ここで言う収入には、年金や生活保護は含まれていませんので、その点にも注意が必要です。

 

申し込み時には信用情報の確認が行われ、過去に金融事故を起こした記録が残っていると審査に落ちます。信用情報とは個人のローンやクレジットカード等の利用履歴であり、住宅ローンも当然含まれます。意外に思う人も多いのですが、携帯電話本体の分割払いも含まれますので、遅延が発生していると厄介です。信用情報はそれぞれの銀行は個々に管理しているものではなく、個人信用情報機関に登録されています。ですから、過去に金融事故を起こしていればすぐに分かってしまい、審査に影響することは容易に想像できます。ただし、一度金融事故を起こしたとしても、ずっとカードローンを利用できないわけではありません。登録期間は内容によって異なり、最長は10年です。消えない間はみずほカードローンだけでなく、全てのカードローンの審査に通らなくなります。

 

申し込む時点で、他の借り入れがある人も注意が必要です。他社からの借り入れ件数や借入残高が多いと、返済能力に問題があるとみなされます。他に1件でもあったらNGなのか、幾らまでなら借入れがあっても良いのか等の明確な基準は明らかにされていません。ですから、実際に審査を受けるまでは分からない部分もあります。少しでも不安がある人は、できるだけ借入れ件数や残額を減らしてから申し込んだ方が、良い結果を得られます。

 

みずほカードローンに申し込みを行うのと同時に、他のカードローンにも申し込む人がいますが、一度に複数の申し込みを行うと落ちてしまう可能性大です。同時と言っても同じ日という意味ではなく、1ヶ月も経たないうちに申し込んだ場合も含まれます。実は信用情報機関では、カードローンの申し込み履歴も記録されており、6か月間は記録が残ることになります。そして、申し込み履歴が残っている間は各金融機関から簡単に確認できますので、隠し通すことはできません。複数で手続きを進めるような人は、非常にお金に困っていて返済にも影響が出るだろうとの判断から、審査に通過するのは難しくなります。

 

これらの条件に一つでも当てはまっていたら、かなり厳しい状況です。本人の収入や信用情報に問題はなくても通らないケースもあり、例えば、在籍確認が取れなければ落ちます。申し込んだ人が申告した勤務先が正しいかを調べる在籍確認は審査の過程で必ず行われ、その方法は電話です。勤め先に電話がかかって来て、申し込み者がいるかを問われます。この時に本人が出られなくても問題はなく、外出中や席を外している等と答えてもらえれば大丈夫です。それに対し、実際に勤めておらず記載された会社には所属していないケースや、その会社自体が存在しないといったケースでは、確実に審査に落ちてしまいます。細かいことを言えば、病気や事故などで休職中である場合も、発覚すると落ちます。

 

条件面を確認して問題がないのに通過できない人もいて、その場合は希望借入額が高すぎることが原因です。最初は希望借入額を低めに設定し、返済実績を作ってから枠を大きくするのが現実的です。