三菱東京UFJカードローンの審査通らないケース

三菱東京UFJカードローンの審査通らないケースと通るコツ

業界最大手の銀行系カードローンと言われているのが、三菱東京UFJカードローンのバンクイックです。三菱東京UFJが運営していることから安全性が高く、信頼の置けるカードローンとして知られているので問題なければ誰でも比較的利用することができるカードローンです。しかしながら、たまに三菱東京UFJカードローンの審査通らないケースがあり、その場合について見ていくことにしましょう。

 

通常、大手の銀行系カードローンの場合には、審査は消費者金融業者に比べれば厳しいとは言われるものの、カードローンの本質はより多くの人にお金を貸す事にあることから、比較的緩い基準でお金の借り入れをすることができるようになっています。ただ、銀行系のカードローンということもあり即日審査即日入金という訳にはいかない者です。まず、仮審査が行われますが、これには最短でも60分ほどの時間がかかると言われています。即日融資を謳っている消費者金融業者に比べたら、審査がいかにきちんとしているかがわかります。仮審査を通過したら融資を受けられるわけではありません。仮審査の次の段階として本審査がありますが、本審査はやはりメガバンクだけあって職業や職場への在籍確認、それと本人確認があります。メガバンク系のカードローンでは、審査がしっかりしていることもあって安定した職業に就いていなかったり、信用に傷がついている人が気軽に借りることができるサービスではないことを忠告しておく必要があるでしょう。

 

カードローンと言えば、気軽に借りることができるイメージが定着しつつあるものの、銀行系カードローンの場合には審査がきちんとしているので、職業や信用に問題がある人が気軽に借りることはできない金融サービスなのです。三菱東京UFJカードローンでは明確な審査基準を設けています。一般的に言われているところによれば、満20歳以上で65歳未満の国内住居者であり、安定した職業についていればほとんどの人が問題なく審査に落ちることはないと言われています。それに加えて、アコムの保証を受けられるということが条件に設けられているのです。信用が傷ついてしまっている場合には、他の要件を満たしていたとしても審査に落ちる可能性が高いです。もし、カードローンから借り入れをしたいと考えている場合には、一度借り入れ分を整理してから手続きを始めることを強くおすすめします。

 

なぜアコムでの保証を受けられるか否かというのが審査の基準となるのかに関しては、アコム株式会社が三菱東京UFJカードローンの審査を請け負っているからです。消費者金融系のカードローンにて過去にトラブルがあった場合には、審査通らない可能性が高くなるため、信用を傷つけるということはあまり好ましいことではないのです。消費者金融業者であれば大丈夫という根拠のない自信を持っている人もいるようですが、それはかなり問題のあることであります。特に、アコムのように審査を請け負っている会社の保証を必要とするメガバンク系のカードローンは少なくないため、消費者金融業者であっても信用を傷つけないように日頃からお金の管理ややりくりはきちんと行っておくことが好ましいのではないでしょうか。

 

なぜ、銀行系カードローンの審査は消費者金融会社に比べて厳しいのかについて解説します。その理由となるのは、主に金利の低さにあるからです。バンクイックの場合、金利が14%であるのに対して消費者金融のアコムの場合には金利が18%であってすでに4%の違いがあります。返済の際にはこの4%の壁が大きく立ちはだかってくることから、やはり銀行系のカードローンでお金をかりることはメリットのほうが大きく、審査が厳しいのもうなずけるところなのです。銀行系カードローンが低金利でお金を貸すことができる理由に、信用が担保されているという側面が大きいです。安定した収入があって、他社からの借り入れがない場合には、ほぼ問題なく審査を通過することができるため、銀行系のカードローンを利用したいのであれば、借り入れの整理を行うことが好ましいとされているのです。

 

最後に、銀行系カードローンの審査に落ちるケースを分析してみます。まず、他社からの借り入れが多い場合にはまず審査は通らないと判断しても問題ありません。先にも述べたように他社からの借り入れが多い場合には、信用が傷ついてしまうリスクが高まります。借入件数が多い場合、収入の範疇を超えた借り入れを行っているケースが多い場合がほとんどなので、信用上の観点から審査に通りにくいと判断されます。また、看過することができないのが電話での在籍確認です。消費者金融業者であれば在籍確認はパスすることができますが、銀行系カードローンの場合には必須となり、確認が取れないケースにおいては、審査に通らなくなってしまう恐れがあるので、記入すべき事項は正確に記載することです。