レイクALSAの審査通らない人について

レイクALSAの審査通らない人について

レイクALSAの審査通らない人というのはどのような場合なのか気になることでしょう。これにはいろいろなパターンが考えられ、一言でまとめて説明するようなことはできませんが、事例をいくつか挙げることは可能です。例えば無職の人です。無職の人は決して審査に通ることはありません。レイクALSAの申込者の条件の一つには安定した収入のある人ということが明記されており、これは仕事をしていることによる収入が必要となっています。

 

仕事とは別にどういった種類のものでも構いません。会社員や公務員はもちろんのこと、自営業や自由業、パートタイマーやアルバイトであっても仕事で収入を得ていることに変わりはありませんが、無職の人はいけません。もちろん無職の人であっても生活している限りはなんらかのお金を得ていることは多いでしょうが、仕事によるもの以外の収入はここでは申し込みの条件には合わないということです。例えば親からの仕送りとか小遣い、年金、生活保護費、あるいは自分の貯金を取り崩しながら生活しているような人は審査通らないということになります。

 

次に審査に通らない人の例は、未成年者です。レイクALSAでは年齢20歳以上の人が申込者の条件となっており、未成年者は一切審査に通りません。これは仕事をしている社会人かどうかとは無関係です。世の中には高卒で就職して立派に収入を得て独り立ちしている人はいくらでもいますが、このような人であっても審査には通りません。単純に年齢が基準となっているわけで、逆に言えば20歳の大学生で、アルバイトをしながら学校に通っているような人は審査に通る可能性があるわけですが、高卒の社会人で19歳の人は通らないということです。

 

この2つの事例、つまり無職の人と未成年者は分かりやすい基準ですが、これ以外に審査通らない人というのももちろんいます。この場合の絶対的な基準というのは少ないのですが、過去に金融上の事故を起こしたことのある人とか、他のカードローンでの借り入れが3件以上もあるような人、それに他社の借り入れ枠が年収の三分の一を超えているような人は審査通らないと思っておいたほうが良いでしょう。ここに挙げたような人はどういう人かというのはだいたい想像がつくでしょうが、結局、貸したお金をしっかりと返してもらうことが期待できなさそうな人ということになります。金融上の事故とは要するに借りたお金の返済を滞らせたことがある人のことです。そのような人には、何か特別な安心材料でもない限りはお金を貸したくないと思うのは誰でも当然です。

 

他のカードローンに既に申し込んでいる人の場合、普通に考えればそのローンの限度額アップを目指そうとすると思われるでしょう。新しく別のカードローンに申し込むというのは普通は手続き面でも煩雑であり、避けたいと思うのが自然です。にも関わらず申し込んでいるというのは限度額アップに応じてもらえないとか、もっと言えば自転車操業的に、新しく借りたお金で前のローンを返済しようとしているのではないかと思われてしまうわけです。

 

他社の借り入れ枠が年収の三分の一を超えている人というのも似たようなもので、それだけのお金を借りていては、生活費もかかるわけですしいくら収入があったとしても返済に回せる分は少ないのではないかと思われてしまうことになります。このように、借りたお金をしっかりと返せないのではないかと思われるような人は審査に通らない可能性が高くなってしまいます。

 

審査に通らない人というのはまだこれだけではありません。他にもあります。借りたお金をきちんと返していくためには、まずは収入がそれなりにあることが必須であるのは言うまでもありません。仕事をして収入を得ていることはある意味で最低条件であり、それを満たしているからと言って常に審査に通るとは限りません。とくに収入の絶対額が低い人、自由業など毎月の収入が安定していないのではないかと思われる人の場合は審査に通らないこともあります。

 

会社員であればまず安心かというと決してそうでもありません。審査に通らない可能性のある典型的な会社員は、勤続年数の短い人です。とくにある程度の年齢であるにも関わらず勤続年数が例えば半年とかそれ未満のような人はどう思われるでしょうか。別に以前は無職であったのかと思われるとは限りませんが、転職したと思われることは間違いないでしょう。転職して間もない人の場合、転職の理由が何であったにせよ、新しい職場に馴染むことができずにまた転職しようとするのではないか、その場合に転職先が見つからず今度は無職になってしまうのではないかと思われてしまうことはある程度致し方ありません。ですから、勤続年数が半年未満のような人はよほど気を付ける必要があります。できれば1年程度は勤続してから申し込むようにしたほうが、他の属性が全く同じでも審査に通る可能性は段違いになるでしょう。