審査通らないときのじぶん銀行カードローン のチェックポイントは?

審査通らないときのじぶん銀行カードローン のチェックポイントは?

じぶん銀行カードローンに申し込んだけど、落ちてしまったという声が聞かれています。auの利用者は審査で有利だと言われていますが、それでも借りられない人はいるのです。審査通らない理由はシンプルで、審査基準に達していないためです。ただ審査基準は金融機関が公表することはないので、利用者には一切わかりません。公開してしまうとあの手この手で抜け穴を狙ってくる人がいるため、あえて公表しないのです。じぶん銀行カードローンの審査は決して簡単とは言えませんが、それほど難しいわけでもありません。大手メガバンクと比較して優しいという声が聞かれているので、消費者金融に代わりに申し込んでみるのはありでしょう。消費者金融と比べて銀行ローンは貸付条件が有利ですし、総量規制の対象になりません。誰もが銀行から借入できるなら、ノンバンクより銀行を選ぶはずです。

 

金利は年率1.7%〜17.5%となっており、大手銀行系の消費者金融という感じです。銀行ローンとしては決して低金利ではありませんが、何より銀行という安心感があります。総量規制の対象外になるローンは、消費者金融で借りられない人におすすめです。昔は銀行より消費者金融のほうが高額融資を受けられたのですが、現在は立場が逆転しています。それゆえノンバンクで追加融資を受けられなくて、銀行に申し込むという人が増えているわけです。じぶん銀行カードローンの審査通らないという人は、希望額や他社借入、信用情報などに原因があるのかもしれません。これらのいずれかに該当していると、落とされてしまう確率が高いのです。審査規定に明記はしていなくても、この点はすべてのローンに共通してきます。

 

当然ながら金融機関が融資を決めるのは、返済能力のある人に限定されます。返済できないとわかっている人に融資をしてくれる金融機関はないでしょう。個人間の貸し借りを例にしても、無職で働く気のない人に50万円などの高額を貸さないはずです。どうせ貸すならばお金のない人よりも、お金のある人に貸したいと思うのが本音のはずです。審査通らないという人は、返済能力が低いと判断されています。ただ返済能力は収入だけで決まるものではなく、さまざまな要素が絡み合っています。審査では希望額に対する返済能力を見られますので、返済能力が低くても希望額を低くすれば借りられることが多いです。いろいろなローンに申し込んだけど審査通らないという人は、無理な希望額で申し込んでいるケースが目立ちます。

 

他社借入も審査に関わるポイントですから、他社の延滞などしないようにしてください。他社で延滞しても言わなければバレないと思うかもしれませんが、すべてバレているのです。信用情報に利用履歴が記載されていますので、嘘をつくことはできません。数字は決して嘘をつきませんので、例えば過去に3ヶ月の延滞をしたという情報は、嘘をついても消えることがないです。ブラックリストに登録されている状態は、時間を置かないと解消されないです。任意整理だと5年間、個人再生や自己破産だと7〜10年間登録されます。過払い金請求に関しては、現在はブラックの対象にはなりません。かつてはブラックとして扱われていましたが、現在はその心配はないわけです。ただし過払い金請求と債務整理を同時に行った場合はブラックになるので注意してください。

 

じぶん銀行カードローンの審査通らないからと言って、何度も申し込みするのは避けましょう。同じローンに申し込みできるのは原則として1回であり、繰り返し申し込みしても意味がありません。1回目で落ちてしまった場合、2回目になるとさらに不利になると考えてよいです。短期間で集中的に申し込みをすると、申し込みブラックになる問題もあります。こうした人は過度の金欠に陥っていることが多いため、金融機関としては融資を避けたいと考えています。じぶん銀行カードローンの審査に落ちてしまったなら、別の銀行や消費者金融ローンに申し込みするのが得策です。この場合は少し希望額を抑えて申し込みするのがコツで、それにより審査に通過したという話は少なくありません。

 

審査に通過するために自分自身が行える最大の対策は、希望額を小さくすることです。これは自分で実践ができて、かつ審査に大きく影響してくるポイントになります。じぶん銀行カードローンから借りる場合でも、希望額によって審査の合否が決定するケースは少なくありません。審査通らないという人は希望額に問題があると予測されるので、次回以降はここを抑えていく必要があります。信用力は人によって違ってきますので、それぞれ借入できる金額は変わってきます。自分の返済能力を正確に把握するためには、シミュレーションをしておくのがよいでしょう。返済能力と借入可能額はほぼ比例しますので、返済できる金額よりも少なく設定して申し込みするのがコツです。余裕を持った返済プランを立てることが、審査に通過するポイントになります。