JAバンクカードローンの審査通らない理由

JAバンクカードローンの審査通らない理由について

JAバンクカードローンは、保証人や無担保で使い道が何であれ自由に借りられて、あらゆる支払いに対応できるので、利用したいと考える人も多いはずです。JAバンクカードローンを利用するためには入会審査が必要で、通過しなければお金を借りる事ができません。審査に通過できるのは、どんなローンであれ毎月々の返済がしっかり続けられる人です。毎月々の返済ができない審査通らない人には、次のような理由が考えられます。

 

入会審査を申し込む時には、申し込みをする本人の様々な情報を提出する必要があります。その申し込み情報に単純なミスがあった場合は、訂正をすれば済む事です。但し明らかに騙す事を目的とした明らかな虚偽の申し込みをした場合には、詐欺目的と判断して審査が通らないです。例えば、もうすでに退職している過去に勤めていた勤務先や、存在しないありそうな架空の会社名を勤務先にかいた場合には、虚偽申請と判断され審査落ちします。このような悪質な虚偽申請をした場合には、時間が経ってから再申請してもブラックリストに載って、次に正しい勤務先を書いても無条件で審査を落とされるリスクがあります。またブラックリストに載れば、他の金融機関のカードローンの申請も出来なくなる場合が存在します。

 

月々の返済能力が無ければ借りられないため、申し込みをする本人の収入が安定していないと審査が通らないです。主に審査される項目は、勤続年数と雇用形態と職種や業種と勤め先の規模と年収です。勤続年数は、長ければ長いほど安定した高収入が得られるので通りやすくなります。まだ勤め始めて数か月とか半年だといつ辞めるか解らないし、頻繁に職業を転職していて長続きしていない人の場合は落とされやすくなる事が存在します。雇用形態も収入が高い正規雇用の方が通りやすく、契約社員や派遣社員などの非正規の場合は通りにくくなります。そしてさらに収入が不安定なアルバイトやパートタイマーや自営業などの非正規雇用の場合は、より審査に通りにくくなる事が存在します。夫婦の片方が働いている専業主婦の場合には、配偶者の収入が担保となるので例え無職であっても審査が通る場合も例外でありますが、無職の場合は通らない事がほとんどです。職種や業種も安定して解雇されにくい公務員や、高収入の職業の医者や社会的地位の高い弁護士などは返済能力が高いので審査が通りやすいです。会社の規模も大きければ大きいほど倒産するリスクが少ないので大企業ほど通りやすく、逆に中小企業や自営業など規模が小さければ小さいほど通りにくくなります。年収が高ければ高いほど審査に通りやすくなるだけでなく、カードローンで借りられる限度額も増えます。

 

その他のJAバンクカードローンの審査通らない理由は、既に同業他社から借り入れ金が多くある場合です。同業他社からの借り入れに対して、毎月返済していく必要があるので、その分の金額を返済から引いて審査します。例えば、収入から算定したその申込者の月々の返済能力が5万円だった場合に、すでに他社に月々5万円の返済をしていたら、その人にはそれ以上の借金をしたらお金が帰って来ないリスクがあります。だから既に返済能力一杯のお金を、他社から借りている申込者は落とされます。収入が多くても、同じような理由で複数の金融機関から多額のローンを借りている場合には、月々の返済リスクがあるので審査通らない事もあります。

 

他社から一切借金をしていなくて、十分な返済能力がある人でも次のような場合には審査を落とされます。複数の金融機関や消費者金融などでカードローンの申し込みをした場合には、全ての金融機関で情報共有をしているため、落とされる場合があります。例えば、今まで借金をした事が無かった人が、いきなり10社の金融機関に申し込みをしたら、その申込者が余程お金に困っていて返済が難しいと判断されて落とされます。仮に1社ずつの借り入れ申請額が十分月々の返済能力を満たしていても、10社を合計すればお金を返せないと判断されて落とされる事もあります。

 

それ以外にも、JAバンクカードローンでは、審査の過程で個人信用情報を確認して、過去数年に何らかの金融事故を起こしていた場合にも審査通らない事もあります。金融事故とは、以前同じように金融機関や消費者金融からカードローンでお金を借りて、返済期日を数か月以上支払いを長期滞納した事や、多重債務を抱えて借金を減らす債務整理や自己破産などを行って、借金を減額してもらう事などです。そういった金融事故を数年間に起こした人はまた滞納する可能性が高いので、審査で落とされる場合がほとんどです。金融業者は過去に借り入れ利用した履歴がほぼ全て信用情報として残り、その信用情報は他の金融機関でも調べる事が出来ます。金融事故情報の登録機関は悪質な場合で最長10年間は、全国銀行個人信用情報センターで確認する事が可能です。