うめてらす

「幸せます×カメラ女子部」写真展『芽生え』☆を終えて。

TOP > 新着情報 > 「幸せます×カメラ女子部」写真展『芽生え』☆を終えて。

「幸せます×カメラ女子部」写真展『芽生え』☆を終えて。

防府市末田地区の「真山窯」の窯業技術者の田中孝志さん。これまで蛸壺を100万個焼いてきたという田中さん。本当は勘定なんてしていない。平成28年11月.最後の蛸壺を焼き上げた。と【顧問】黒川康生さん撮影の写真の前で記念撮影です!

「幸せます×カメラ女子部」の発足にあたり部の顧問 黒川康生さんからメッセージをいただきました!

これからの地方都市は、そこで暮らしたり・学んだり・働いたりする人たちが、都市の未来を創造する当事者として意識を、どれだけ多くの人たちが持てるかによって、左右されます。若者たちは意外と自分たちの都市について知らないものです。「幸せます×カメラ女子部」は、そのような問題を解決していくための一つの手段として、防府商工高校の生徒と一般市民の人たちで構成しました。レンズ越しに見る都市に、新たな魅力を発見し、興味という当事者意識のスイッチが入ることを期待しています。

武川さんにはコーチとして、写真の素晴らしさを部員に体験させていただき、大変幸せました。

「幸せます×カメラ女子部」顧問 黒川康生(防府商工高校教諭&防府市観光協会副会長)

画像に含まれている可能性があるもの:1人